タイガーバームは虫よけにも!

筋肉痛の塗薬 タイガーバームは山歩きで重宝します。


タイガーバームで虫よけ対策

アウトドア―は虫よけ対策で快適に。

タイガーバームは虫よけにもなります。

成分のハッカ油やユーカリ油などが虫よけ効果があるようです。

だんだん暖かくなると、虫たちも一斉に増えてきて6月にもなるとかなり虫の襲撃にあいます。

なるべく皮膚の隠れるもので長袖のシャツとズボンは必須アイテムです。

あと、薄手の物だと服の上から攻撃されますので、うちの妻はカッパを愛用しております。

カッパは最強のアブ、蚊よけになります。

靴は春先は長靴でよいのですが、夏山はやはり登山靴がベストです。

やぶの中にはダニも多いので、明るい色のカッパは重宝します。

付いてくるダニの確認がしやすいです。

唯一の難点はカッパは暑いです。普段、汗をかかないうちの嫁さんもさすがに、大汗かいてます。

しかし、考え方ひとつ。

サウナスーツ、ダイエットになります。

しかも、山を連れまわすとさすがに疲れて、妻はおとなしくなります。

防虫対策としては

手と顔はどうしても露出してしまいます。

なので虫よけ対策は、虫よけスプレーはもちろん手軽で使いますが、

蚊やぶよは油断も隙もなく襲ってきますので、僕はタイガーバームを塗りまくって使います。

足首はきゃはんをつければベストですが、暑い時期はつけたくありませんよね。

そんな時は足首も届く範囲はタイガーバームです。

ついでにふくらはぎに塗ると、本来の効能で気持ちがいいです。

そして、背中はザックで隠れますが、結構やられるので、虫よけスプレーの出番です。

服の上からかけましょう。

虫よけスプレーの詳しい記事はこちら↓↓

http://natural-life.blog/02.html

手首と首回りは、やっぱりタイガーバームで対策しましょう。

もともと筋肉痛の塗薬なので、肩や腕にたっぷり塗るとT-シャツ一枚でも大丈夫です。

以前、雨竜沼へ行ったときには、蚊帳帽子をかぶったおじさんに、「よくその格好で登ってきたね」と、

驚かれたものです。

雨竜沼はぶよ、やぶ蚊が多く、最盛期には呼吸もできない位 まとわりつかれます。

息を吸い込むたびに鼻の穴からぶよを吸い込んでしまうくらいなんですよ。

タイガーバームがあれば無敵です。

Posted by tarinj