赤肉メロン夕張か中富良野か?

R113赤肉メロンは夕張キングと同等か。

富田メロンハウスのメロンはこの数年トップクラスの品質です。

一方夕張メロンは120戸の農家さんが頑張っているようですが、

一時期に築いたブランドを守りしのいでいる感じがしています。

夕張は、度重なる誘致の失策や財政破綻で観光誘致は不振です。

街へ行くと夕張メロンの直売所が沢山あったのに、今では数件しか

開いてなく、値段も高いイメージです。

メロンにも色々な品種がありますが、同じ赤肉でも夕張メロンは早くから

一つの品種でブランドを守っています。

「スパイシー・カンタロープ」、「アールス・フェボリット」という

固定の品種を交配した一代雑種として生まれ、

昭和36年に命名されました。

一代雑種は、父親と母親の優れた性質を、

その子一代に限り発揮する遺伝学上の特性を利用した品種です。

昔は、食べたときの種をうめると芽が出て来たと言うのに、

拡散しない様に一代で終わる品種です。

富田メロンハウス

中富良野はご存じTVドラマ「北の国から」倉本聰さんのお陰で、

ラベンダーで有名なファーム富田さんが年間100万人の観光客を迎えています。

富良野は北峰スキー場が良質の雪質でニセコと同じように海外観光客も訪れる

観光スポットです。

上富良野は十勝岳登山の玄関口です。

ふもとには白銀温泉、吹上温泉、又、青い池など

美瑛の丘を通り、旭川空港へのアクセスも良く、恵まれた観光地です。

富田メロンハウスの隣には、ファーム富田が君臨しており、

7月には広い北海道の国道が渋滞するほどのエリアです。

中富良野町は十勝連峰や北の峰連峰に囲まれた盆地で、しかも山側にある

富田メロンハウスは寒暖の差が多く、メロン栽培に適した場所なのです。

中富良野町の十勝岳側に坂本農園という玉ねぎの専業農家があります。

20年来の友人、坂本君が毎年贈ってくれる

富田メロンハウスのめろんを皆様にもお勧めします。

Posted by tarinj